CORDEA blog

Android application engineer

Mackerel Client 1.2 をリリースしました

この度、MackerelClient 1.2 をリリースしましたので、リリースノートに書かなかった諸々を書きます。
ちなみに 1.1 (2016年4月24日) 以来、2 年半ぶりの更新となります。

Get it on Google Play

反映されるのはもう少し後かもしれません
スクリーンショット等はそのうち更新します

github.com

リリース内容

  • アラート一覧にホスト名や監視設定の値を表示するようにした
  • アラートの取得、グラフの描画を早くした
  • デザイン修正
    • card 部分のスタイルをちょっと変えた
    • グラフ部分のスタイルをちょっと変えた
  • バグ修正
    • ドロワーの文字色がいつの間にか毒々しくなってたので直した (というか直った)
  • min sdk version: 19 -> 21
  • target sdk version 23 -> 28

内部的な変更

  • 264 files changed, 8403 insertions(+), 6158 deletions(-)
  • ktlint の導入
  • dagger の導入
  • databinding の導入
  • groupie の導入
  • parcelize の導入
  • AndroidX 対応
  • 諸々のバージョンアップ
    • kotlin 1.0.1 -> 1.2.71
    • realm 0.87.2 -> 5.1.0

大規模な設計の見直しが入っており、差分がかなり大きくなりました。
グラフの描画部分など、主機能については大きく書き直しています。
まだ完全ではありませんが、まぁまぁまともになってきています。


気が向いたら使ってみてください。