読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CORDEA blog

Programming及びFedora21等のLinux OSのことが多めです。

【Fedora 19】yumコマンドで"There was a problem importing one of the Python..."

Fedora Linux

昨日起動した時、Google Chromeがインターネットに接続できない。
それならまだしも、ChromiumFirefox、設定やRStudio、挙句の果てにはTerminalが起動しない。
この前アップデートしたのが原因かな?と思ってコンソールでいろいろやってたら無事解決したのでメモしておきます。

  • 上のような症状が出た場合
  • もしくはタイトルのようなエラーが出た場合


ひとまずyumコマンドを打ってください。

yum install R
yum search R
yum update

こんなかんじでなんでも構いません。

すると


There was a problem importing one of the Python modules required to run yum. The error leading to this problem was:

/lib64/librpm.so.3: file too short


のようなエラー文が出てきます。


ls -l /lib64/librpm.so.3*

このコマンドを実行するといくつかのファイルが見えると思います。
よく見ると、librpm.so.3 -> librpm.so.3.2.1 のようにシンボリックリンクが作成されていることがわかります。


この、librpm.so.3.2.1というファイルのサイズを見てみると見事に0になっている...このような理由から"file too short"と言われているようです。


なので、同じlibrpm.so.3...のサイズがちゃんと存在しているファイル(私の場合はlibrpm.so.3.2.0でした。)で新たにシンボリックリンクを作成します。

rm -f /lib64/librpm.so.3
ln -s /lib64/librpm.so.3.2.0 /lib64/librpm.so.3


これでもう一度yumコマンドを実行してみてください。


もし同じようなエラーが出たら、そのファイルについても同様のことを行ってください。
私の場合は5回くらいやった記憶があります。