読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CORDEA blog

Programming及びFedora21等のLinux OSのことが多めです。

QtとRのパッケージ"qtbase"をFedora 19にインストールする

R Fedora Linux

まずはQtのダウンロードとインストール*1

# Cmakeをインストールしていない場合は
# yum install cmake

# yum install qt qt-devel qtwebkit-devel
# wget http://download.qt-project.org/official_releases/qt/4.8/4.8.5/qt-everywhere-opensource-src-4.8.5.tar.gz
# tar zxvf qt-everywhere-opensource-src-4.8.5.tar.gz
# cd qt-everywhere-opensource-src-4.8.5
# ./configure
# make && make install

makeとインストールに大体20分ほどかかった気がします。

次はqtbaseのインストール、これはお馴染みの方法ですので、わかると思います。

# R
> install.packages("qtbase")


 参考
installation - How do I install Sigil on Fedora 17? - Super User
qt - CMake Error: The following variables are used in this project, but they are set to NOTFOUND - Stack Overflow
Qtインストール(Linux) loops/ウェブリブログ

*1:今回はqtbaseのインストールがメインですので、最小限のものしかインストールしていません。Qtをきちんとインストールする場合は参考を参照してください。